活動の様子

2020年8月17日 掲載

第1回実行委員会を開きました

実行委員8人と、協力機関である札幌市の佐竹輝洋係長、山西高弘係長、北海道環境財団の久保田学事務局次長、RCE北海道道央圏協議会の有坂美紀事務局長が出席して、第1回実行委員会を開きました。

気候市民会議さっぽろ2020の企画概要と運営方針について話し合い、決定しました。
また実行委員会に先立って勉強会を開き、気候非常事態宣言の普及に取り組んでいる山本良一・東京大学名誉教授をゲストにお招きし、基調講演を頂きました。

山本さんは、多くの都市が2030年に温室効果ガス排出実質ゼロを目指している英国で、気候市民会議を始めとするさまざまなローカルデモクラシーの方法が活用されている状況を紹介。「日本でも気候市民会議が開催されるのは、ローカルデモクラシーをいかにバージョンアップしていくかという観点でも非常に重要なこと。皆さんのお仕事に期待している」と話していました。

活動ニュース・記録一覧

気候市民会議さっぽろ2020