このサイトについて

citizensassembly.jpとは

気候変動を始めとする環境問題や、エネルギーの問題、新たな科学技術が生み出す社会的影響などの課題をめぐって、市民参加による議論を促し、そこで得られた知見を政策決定などに生かすためにはどうすればよいか。このようなテーマについて、私たちが行っている研究をご紹介するサイトです。無作為抽出などによって社会全体の「縮図」となる参加者を集めて議論を行う、ミニ・パブリックスと呼ばれる方法を中心として、科学技術社会論や社会学などの視点から実践的に研究を進めています。

Citizens’ Assembly(市民議会)は、そうした無作為抽出型の市民参加の方法の一つです。数十人〜百数十人の参加者が集まって、社会的な争点となっている課題について、参考人の証言も聞きながら数週間〜数カ月かけて継続的に議論して政策提言を行うもので、類似の手法では最も本格的なやり方です。カナダや欧州などで、国や自治体の政策決定に実際に用いられた例もすでに多数あります。こうした市民参加の議論の方法の日本における応用・普及の可能性を探りたいという意図で、このサイトをcitizensassembly.jpと名づけました。

私たちの研究や実践の具体的な内容は、個別のプロジェクトのページをご覧ください。

2020年9月
citizensassembly.jp管理人

プロジェクト

私たちが現在行っている、または過去に行った主な研究プロジェクトです。

進行中のプロジェクト

終了したプロジェクト

管理人

citizensassembly.jpは、以下の管理人が共同で編集します。本サイト内に展開する個別のプロジェクトのページの文責は、各プロジェクトにあります。

三上直之 Naoyuki MIKAMI
北海道大学高等教育推進機構 准教授(環境社会学・科学技術社会論)
E-mail: mikami[at]high.hokudai.ac.jp([at]を@に変えてください)

八木絵香 Ekou YAGI
大阪大学COデザインセンター 教授(科学技術社会論・ヒューマンファクター研究)
E-mail:ekou[at]cscd.osaka-u.ac.jp([at]を@に変えてください)